資産運用する上で非常に重要!会社によって異なるファンド手数料を知ろう

資産運用における重要な位置を占める投資ファンド

資産運用の方法は様々です。たとえば株式投資は良く知られていますが、不動産経営なども手堅い手段のひとつでしょう。そんな中で近年存在感を増しているのが投資ファンドです。多くの投資家から集めた資金でダイナミックな投資を行い、その収益を分配金として還元する仕組みを指します。まとまった額になるほど投資効率が高まるというお金の性質を生かした投資ファンドは成功確率が高い為、いまや資産運用のポートフォリオに組み入れることは必須といっても過言ではないでしょう。

資産運用の勝敗を左右する投資ファンドの手数料

投資ファンドの手数料は、資産運用をする上で非常に重要なポイントです。何故なら手数料は景気の動向や相場トレンドなどに拘わらず、その資産運用成績を絶対に引き下げる要因となるからです。たとえば同じ不動産投資ファンドであっても、その手数料は運用会社によって大きく異なります。運用実績などが関わってくるので一概には言えませんが、基本的に手数料は安ければ安いほど良いと心得ておきましょう。手数料が高いほど、その投資ファンドは優れた運用ノウハウを持っていると錯覚してしまいがちですが、手数料と成績は決して比例していません。

大きく3つに分けられる投資ファンドの手数料

投資ファンドの手数料は大きく3つに分けられます。ひとつが販売手数料と呼ばれるもので、購入時に1度だけ発生することが特徴です。軽視されがちですが、販売する会社(証券会社や銀行など)によって数%も異なるので見逃せないポイントです。もうひとつが信託報酬と呼ばれるもので、日割りで計算されて年に一度一括で発生します。要するに運用を任せるにあたっての手間賃のようなものですが、これも会社によって大きな違いがあります。最後が中途で解約した際に発生する手数料ですが、これは投資ファンドによっては必要ありません。いずれも資産運用の成績に大きな影響を与えるマイナスファクターなので、手を抜かず時間をかけて比較検討するようにしましょう。

相場の世界では、ファンドの会社の動向は、無視の出来ない存在で、レートを動かせる強力な財力があります。