ポイントは全部で3点!火災保険の賢い選び方

不要な補償は思い切って削りましょう

現在の火災保険は、火災だけでなくあらゆる災害を想定した総合的住宅保険と呼んだ方が適切なほどです。具体的には火災以外に、カミナリや台風による被害、大雪被害や窃盗被害など多くの災害が想定されています。ですがこの全てをカバーする必要は決してありません。不要だと思える補償は思い切って削ってしまいましょう。たとえばマンションの3F以上に住んでいるんであれば台風や雪災及び水災補償は基本的に不要です。一戸建て住宅であっても、ハザードマップにおける高リスク地域に含まれなければ水災補償を削ってもかまいません。もちろん削りすぎは厳禁ですが、必要十分な補償内容にして毎月の保険料を賢く抑えましょう。

保険知識に合致した販売方法を選びましょう

現在の火災保険販売方法は、対面とダイレクトの二通りです。対面販売はネットが普及する以前からある方法で、経験豊富なスタッフが適切な補償内容を提案してくれます。基本的に火災保険のことをあまり知らない人に向いており、トータルでの安心感が魅力です。もうひとつがウェブサイトを通じて契約出来るダイレクト販売です。基本補償内容やオプションなど、全てを自分自身で決めなければなりませんが、対面販売に比べて大変高コスパ。ただし火災保険について熟知していないと、必要十分な補償内容に出来ないので、自信がなければ専門家からアドバイスを受けるといいでしょう。

契約期間は長い方が有利です

火災保険の契約期間は最短1年ですが、10年までの長期契約が可能です。住宅の老朽化具合によっては短期契約の方が合理的な場合がありますが、基本的に長期契約の方がお得。なぜなら、契約年数が長いほど1年あたりの保険料が割安になるからなんです。一括で支払うことがベストですが、それが無理なら分割支払いもOK。多少高くなりますが、それでも短期契約よりはずっと安くできます。近年は多くの地域で災害リスクが高まっており、保険料値上げが確実視されています。そのことを踏まえ、よほどのことが無ければ長期契約を選択しておきましょう。

火災保険は、地震や津波、噴火などには適用されないため、これらの被害に対応するには地震保険を追加する必要があります。